楽天カード

楽天ポイントを賢く使おう【通常&期間限定ポイントの使い方解説します】

2020年1月23日

こんにちは、まるです。

皆さんは、楽天ポイントどうやって使っていますか?

悩んでいる人
楽天ポイントって、楽天のサービスを使ってると結構貯まるんだけど、通常と期間限定とポイントが分かれていてよくわかんない。

そうなんですよね。

大きな買い物をしたり、SPUを上げたり、楽天のサービスを利用していくと結構ポイント貯まりますよね。

僕の場合悩んだ挙げ句、ちょっと欲しいものを買ってしまうなんてことが多かったです

本記事のテーマ

楽天ポイントのお得な使い方がわかる。

今日は楽天ポイントの使いみちについて解説していきます。

楽天ポイントとは

楽天スーパーポイントガイド

楽天スーパーポイント(以下楽天ポイント)は、奥が深くて色んなサービスとも連携していますが、今回は使い方にフォーカスしていきたいと思います。

楽天ポイントは、通常ポイントと期間限定ポイントに分けられています。

みなさんも、獲得して2種類ポイントが分かれているけど、よくわかんないし何となくで使っていたと言うことありませんか。

そもそも、楽天ポイントは楽天市場でお買い物をするか、楽天Edy、楽天ペイ、楽天カードなど楽天サービスで支払いをすれば貯まっていきます。

そして、獲得方法によって通常ポイントと期間限定ポイントに別れてきます。

では、それぞれポイントについて解説します。

通常ポイント

楽天サービスについては、どのサービスにも使用でき現金と同じように使えます。

お買い物の利用額に対して、ポイントが付きます。

楽天カードなら、1%などサービスによって付与率が変わります。

有効期限は、1年間ですがポイントを獲得する度に期間は延長されます。

なので、楽天サービスを日常的に利用している人は有効期限が切れる心配はないと思います。

月々の支払いに楽天カードを使うだけで、有効期限は毎月伸びていきます。

期間限定ポイント

期間限定ポイントは通常ポイントとは違い、使用期限が決められています。

獲得できるサービスによって、期限が違うので注意が必要です。

また、使用用途もかなり限られていて使い方が一番悩む所になります。

SPUなどで貰えるポイントは期間限定ポイントで、SPUの倍率を上げたはいいけどポイントばっかり貯まって、結局無駄なものを買ってしまうということも出てきます。

通常ポイントと期間限定ポイントの大きな問題は、使用用途が異なるところにあります。

期間については、1ヶ月くらいあるので問題なく使用できます。

使用用途に関しては、かなり異なるのでポイントを貯める前に、必ず使用用途まで見据えておく必要はあると思います。

事前に、期間限定ポイントの使いみちを把握しておけば、貯まったポイントに応じて使うことが出来ます。

折角賢く貯めたポイントも上手く使わなければ、ただの浪費と同じなのでここは重要です。

では、通常ポイントと期間限定ポイントの個人的な使い方も含めて解説していきます。

通常ポイントの使い方

通常ポイントは、何にでも使えますし、楽天ユーザーであれば定期的にポイントは貯まると思うので、そのまま貯めておいても問題はないと思います。

ただ、そのまま貯めておくだけではもったいないとも思うのでいくつか使用例をあげます。

必要なものを購入する。

ポイントが溜まったからと、欲求に任せて好きなものを買うのではなく日常的に必要なものを買うのに使うのがおすすめです。

楽天カードの支払いにポイントを使う

こちらは、別の記事でも紹介したのでそちらを参照ください。

楽天スーパーポイントを賢く使おう【楽天カードの支払いに使う方法】

ポイント運用する

dポイントなどでも同じサービスがあり、楽天ポイントをそのまま使って運用できるので、投資信託など買うのは怖いけど運用に興味がある人にはおすすめです。

ちなみに、dポイントでやっていますが、5%くらい利益が出ています。

ポイント運用

楽天証券でポイント投資

これが、一番オススメの使い方になります。

楽天証券で、現金と同じようにポイントを使用し、投資信託を購入し資産運用することが出来ます。

もちろん、株価が下がれば資産は減ってしまいますが、ある程度のリスクを取って資産を形成していくのはこれからの時代必要なことですので、おすすめサービスになります。

つみたてNISAの対象商品などに投資すれば、ボッタクリ商品ではないし、資産が増えれば現金として換金もできるので個人的にはかなりおすすめの方法です。

しかも、現金を直接使うことがないので、若干ハードルは下がるかなとも思います。

以上が、通常ポイントの個人的におすすめな使い方になります。

期間限定ポイントの使い方

ここからは、一番使いみちに悩む期間限定ポイントの解説になります。

では、早速紹介します。

通常のお買い物

これも、通常ポイントと同じですが楽天市場でのお買い物に使うという方法があります。

楽天ペイの支払い

個人的には、よく利用しているキャッシュレス決済の一つです。

楽天ペイで、支払い設定をポイントを使うにしておけば、期間限定ポイントから優先的に使用してもくれるので、コンビニなどで使うときはおすすめです。

楽天サービスの支払い

楽天経済圏という言葉があるように、楽天サービスは結構日常に欠かせないサービスも取り扱っています。

楽天モバイル、楽天でんき、などの支払いに使うことができるので、期間限定ポイントがあれば、実質使用量は0円になります。

楽天サービスを使っている人は、こちらの方法がおすすめです。

僕も、楽天モバイルの支払いはポイント使用にしています。

ふるさと納税

もう一つのおすすめは、ふるさと納税に使用することです。

楽天ふるさと納税では、楽天市場のお買い物と同様にポイントを使うことができるので、ふるさと納税に期間限定ポイントの使用が可能になります。

ふるさと納税は税金なので、実質税金にポイントを使うことができるので節税対策にバッチリです。

こちらの使用方法は、誰でもできるので是非ふるさと納税にポイントを活用してい見てください。

ちなみに、ポイントで支払った場合でもしっかりと、購入に対してポイントが付与されます。

お得にポイントと付き合おう

通常ポイントと期間限定ポイントの解説をしていきましたが、もちろん好きなものを好きなように買うのもおすすめです。

以前の僕は、貯まったら迷わずに服買ったり、ガジェット買ったりと好きなものを買っていました。

けど、色々調べて使い道もたくさんあることに気づきました。

折角、SPUを上げたり、0と5の付く日、お買い物マラソンなど、お得な買い方を見つけて貯めたポイントであれば上手に使いたいですよね。

好きなものにも使いながらも、賢く日々の支出に楽天ポイントを当てることで、支出に関する考えが変化し、経済的に豊かになってくると思います。

是非、自分の生活にあったポイント利用をしてみてください。

では、また。

-楽天カード
-, , , ,

© 2019 まる Powered by AFFINGER5