楽天モバイル

格安SIMに乗り換えて、年間6万円お得【お得な理由を教えます】

2019年11月24日

こんにちは、マルです。

最近CMなどでもよく目にするようになった、格安SIMですが皆さんはどこの通信キャリアを利用していますか。

僕も格安SIMに変えてお得に生活しています。

ドコモ → 格安SIMとドコモケータイの2台持ち → 格安SIM

最近キャンペーンや色々な特典があり、格安SIMキャリアも増えてきました。

乗り換えたほうが、お得な理由を合わせて紹介したいと思います。

ポイント

1.格安SIMに乗り換えてお得。格安SIMってなに?

2.格安SIMのメッリト・デメリット

3.おすすめ格安SIM

4.やってみよう

 

格安SIMに乗り換えてお得。格安SIMってなに?

格安SIMは、MVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれる事業者が提供するサービスになります。

仮想とあるように、自社でアンテナや基地局を持っていません。

NTTドコモなど3大キャリアの通信設備、回線を借りて通信環境を提供することで、設備費・人件費がかからないので、その分安く通信費を提供してくれるのです。

格安と言われる理由は、そういうところにあります。

格安SIMのメリット・デメリット

それでは、格安SIMのメリットとデメリットについて紹介します。

メリット・年間6万円お得に。

メッリトは人によって色々あると思いますが、僕が変えた理由は料金が安いことです。

最大のメリットであり、格安SIMに乗り換えを検討する大半の理由だと思います。

僕の場合は、当時DOCOMOで8000円くらい支払っていました。

格安SIMに変更して、約5000円安くなりました。

月5000円安くなれば、年間6万円です。

いろんなことにお金が使えるようになります。

家族で旅行にいったり、将来に向けて投資するのもありですね。

たかが5000円と思うかもしれませんが、人生の選択肢がグッと増えてきます。

年1回の昇給は皆さんいくらですか?

僕は、去年3000円しか昇給しませんでした。笑

昇給するよりも簡単で早く、自由なお金を作る事ができるのです。

ポイント

・家族とご飯にもいけます。

・子供にすきな絵本を買うことも。

・ジムに行ったり

・好きな本を読んだり

・Amazonプライム会員にだって

5000円でできることってかなりあると思います。

料金が安い中で各社様々なサービス・特典典があるので、自分のスタイルに合ったとこを選べれば更にお得になると思います。

デメリット

メッリトがあればもちろんデメリットもあります。

よく挙げられるデメリットと僕の解決策をお伝えします。

ポイント

・通信が遅い時間帯がある。

・キャリアメールが使えない。

・サポートが弱い

・乗り換え時の解約金。

・端末の残債

上記のようなデメリットが良く言われていると思います。

通信速度

一番皆さんが心配するのが、通信速度が遅いと言われることでないでしょうか。

基本的には、問題なく外で動画を見たり検索したり、大手キャリアと変わらず使う事ができます。

利用者の増加する時間帯は、速度が低下するので不満を感じる人もいるかも知れません。

僕は、そこまで外でたくさん使う方ではないので、不便に感じることはありません。

下記のサイトに、速度をまとめてくれてあります。

速度優先で会社を選ぶこともできますので、参考にしてみてください。

価格.com 格安SIM速度 2019年11月

サポートが弱い

大手キャリアと違い、店舗を持たないところが多く、サポートを受けづらいという事が挙げられます。

なにか問題が起きた時は、自分で解決しなくてはいけません。

ネット契約となることが多いので、初期設定を自分で行わなければならないのも難しく感じる要因かもしれません。

けれど、電話サポートがあったり、ネットで調べれば問題解決の方法が出てくるので、考えているより簡単に解決できる思います。

キャリアメールが使えない

キャリアメールが使えないため、メインで使っている人は不便に感じると思います。

また、LINEの年齢確認を行えないのでLINEのID検索ができません。

検索ができないだけで、LINEの基本的機能は使えるのでほとんど問題ないので、個人的には気にする必要はないと思います。

キャリアメールでしか登録できないサービスもあり今現在どうしても、キャリアメールを使わなくては行けない人以外は、問題ないと思います。

最近は、LINEなどのメッセンジャーアプリを利用して連絡を取り合うことが主流ですし、Gmailでやり取りすることも多いので、他の方法で代替えもしやすくなっているので、昔ほど問題ではないと思います。

乗り換え時の違約金

2019年10月から、解約時の違約金が安くなったりする動きが出てきましたが、それ以前に契約している人は、解約時特定の月以外は10000円の解約金がかかると思います。

僕もそうでした。。。

10000円もったいないと感じるかもしれませんが、格安SIMに変えて月5000円安くなるのであれば、2ヶ月でもとは取れてしまいます。

違約金は気にせず解約してしまえば、数ヶ月でもとが取れるので、良いなと思ったらすぐに乗り換えてしまったほうが良いと思います。

端末の残債

今のスマホって、高額なものが多いので大手キャリアで購入する方は、分割で購入する人が多いのではないでしょうか。

そういった時に、乗り換える際に残りの金額を一括で払うには高額なので、戸惑う人も多いと思います。

ご心配はいりません。

スマホ代の残りに関しては、引き続き分割払いが可能なので簡単に乗り換えができます。

デメリットをいくつか上げましたが、どれも解決できるものなので、乗り換えないほうがデメリットのように感じてしまいます。

おすすめ格安SIM会社

ここで、いくつかおすすめと言われている格安SIM会社を紹介します。

通信速度を優先

・Ymobile(ソフトバンク)

・UQモバイル(au)

この2つがおすすめです。大手キャリアのサブブランドであるYmobileとUQモバイルどちらも、速度が他社に比べ安定して3大キャリアより価格を抑えることができます。

UQモバイルの良いところは、オプションでキャリアメールを使用できるのでauユーザーは選択しやすい会社になってくると思います。

価格・ポイント優先

価格やポイントなど通信速度以外に重視を置く場合は下記がおすすめです。

楽天モバイル

4大キャリアとして、2019年10月より楽天回線を用いた携帯キャリアサービスを開始しました。

楽天モバイルの良いところは、楽天サービスとの連携による楽天ポイントが貯まりやすい。

楽天モバイルは楽天SPU(楽天市場での買い物でポイントがアップするサービス)のポイント還元率が2%もアップするので、楽天市場をよく利用される方は注目したいポイントですね。

あとは、楽天ポイントで支払いができる点もポイントを貯めている人には嬉しいサービスになります。

楽天モバイル

LINEモバイル

LINEモバイルの一番の売りは、コミュニケーションフリーと言われるプランが有り、

LINEモバイル 料金プラン

コミュニケーションフリー プラン

SNSが使い放題になります。

LINE、Twitter、Facebook、Instagramを使用する際の、データ通信量に制限がないためデータ容量を使い切った場合でも、通信速度に制限がかかりません。

また、格安SIMに乗り換える際によくデメリットに挙げられるLINEの年齢確認ですが、LINEでの年齢確認を行えないため、ID検索ができません。

しかし、LINEモバイルなら年齢確認ができるため、ID検索をすることができます。

SNSをよく使用する方にはかなりお得な会社になります。

BIGLOBEmobile

こちらの会社の特徴はエンタメフリーオプションが有ることです。

You Tube、Amazon music、radikoなど色々なサービスが480円(音声通話SIMの場合)で使い放題になるので、youtubeのヘビーユーザーにはかなり嬉しいサービスになります。

IIJmio

最後にiijmioは、現在僕が利用している格安SIM会社になります。

特に不満なく使用していますが、お昼休みの通信速度はかなり遅いので、ほとんど使用ができない状態です。

また、最新のiPhoneで利用できるe-simのサービスも始まり、大手キャリアでiPhoneを利用している方には、おすすめのサービスになります。

例えば、ドコモの回線はそのままにしておきたいが料金を下げたい場合、2台持ちが一つの選択肢になりますが、僕も2台持ちの時代がありましたがめんどくさかったですね。

その点、e-simが使える端末を持っていれば、DSDSができるため一台のスマホで2つの回線を利用できます。

DSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ)とは、一台のスマホに2つのSIMカードを認証させ、2つの回線を同時にスタンバイ状態にしておくことになります。

日本ではiijのみのサービスとなり、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降であれば対応しています。

6Gで1620円のプランのみですが、大手キャリアと比べるとかなり抑えられた値段になると思います。

つまり、データ通信にiijmioのe-simを使い、通話にはドコモの回線を利用するという形になります。

格安SIMを試しに使ってみたい方にはおすすめのサービスです。

乗り換えてみよう

ここまで、格安SIMのことについて解説してみましたが、いかがだったでしょうか。

格安SIMにして、自分が思っていたサービスと違った場合後悔してしまいそうでなかなか前に進めないかもしれません。

各社始めやすいように、初期費用無料や半額などオプションやサービスを提供してくれるところも多くあります。

現在のキャリアで解約手数料がかかったりと、費用の面で初期費用はかかるかもしれませんが、月数千円の費用が抑えられるのはとても大きな固定費削減になると思います。

大手キャリアで安心などあると思いますが、固定費を削減しそれを自分のために使って将来をより豊かにできれば大きな一歩になるのではないでしょうか。

給料はすぐには上がりませんが、固定費ならすぐに下げれることができます。

是非、固定費削減の一つとして格安SIMの検討をしてみてはどうでしょうか?

では、また。

-楽天モバイル

© 2019 まる Powered by AFFINGER5